『坪単価はあてにならない・・・』

写真写真

写真

坪単価いくらかは全く当てにならない!その理由とは・・・


よく「坪単価いくらですか?」とご質問を頂きます。
この答えが非常に難しいです。
それは建築会社によって、坪単価の内容がちがうからなんです。


例えばA社は坪単価40万円、
B社は60万円だったとします。


内容を見ていくと、
A社は別途費用として、
エアコン、照明、網戸、雨戸、バルコニー、カーテンレール
TVアンテナ、外構工事は含まれていません。


B社はそれらが含まれている。


これでは全く坪単価は比べる基準になりません。。。


建築業者は、A社のパターンが多いです。
なぜかと言うと、単純に表示価格が安い方が
お客さんが来てくれるからです。


更に、真四角の総2階建てと、L型の間取りの家、
コの字型の家、1階と2階の大きさが違う家、
これらは坪単価は一緒ではないです。
外壁の面積も違いますし、屋根の面積も変わってしまいます。


坪単価を安く見せる事なんていくらでもできます。
水廻りは最低のグレード、
断熱材はグラスウール、
サッシはアルミ、
こんな事をしていけば当然安くできます。


なので坪単価だけで、建築業者を比較してはいけません。
建築業者を選ぶ際に参考にして下さいね!


残りわずか!
数量限定、小冊子のプレゼントはコチラから

LINEで気軽に相談はコチラ↓
友だち追加数

弊社の施工例の中でも1番人気の
『ブルックリン×カリフォルニア』は下記のリンクを
参考にしてください。


『ブルックリン×カリフォルニア』〜外観編〜はこちら

『ブルックリン×カリフォルニア』〜内観編〜はこちら

『ブルックリン×カリフォルニア』〜番外編〜はこちら

『ブルックリン×カリフォルニア』〜半年点検編〜はこちら

他の施工例こちら家づくりの参考にしてみて下さいね!

お問合せ方法は、
下のお問合せ・ご相談フォーム又は
お電話にて受付ています!

0120-214-406 お問合せフォーム

PageTop