家つくりで大切なこととは

写真写真

写真

家つくりで大切なこととは

 「広いキッチンがいい」、「吹き抜けにしたい」、
「収納を充実させたい」、「リビング階段にしたい」、
「ウッドデッキが欲しい」などと夢が膨らんでいるかと思います。


 しかし、忘れてはいけないことがあります。
住宅を購入者の全員が幸せになれるわけではないということです。
年間約6000世帯もの家族が住宅ローンの支払いができずに
マイホームを手放しているという現実があります。


 せっかくの夢のマイホームを建てても
手放してしまったら意味がありません。
最低限、住宅を手放すことがないように、
支払いが困難な住宅ローンを組むのはやめましょう。


 仮に融資がおりたとしても、
それは借りることができる金額であって、
無理なく返済できる金額とは限りません。
ギリギリ返済できる金額で計画を組んでしまった場合、
趣味や旅行にお金を割けれなくなるかもしれません。


 そして何より、もし病気や怪我、ほかにもお金が必要となった場合、
支払いが難しくなるかもしれません。
 

 このように、無理な資金計画を組んでしまうと、
幸せになるためのマイホームのはずが
逆に生活を苦しめることになってしまいます。
ある程度ゆとりを持って、資金計画を立てましょう。


 結論「家」の勉強はもちろんです。
しかし、その前に家づくりにに失敗しないためには、
「お金」とくに「住宅ローン」の勉強が必要です。

 
 私は「家」そのものはもちろんのこと、
「お金」に関しても、日々お客様が失敗することのないように
勉強しています。


賢い資金計画など様々な情報をお伝えしますので、
家づくりの参考にしていただければ幸いです。私にお任せください。


お問合せ方法は、
下のお問合せ・ご相談フォーム又は
お電話にて受付ています!

0120-214-406 お問合せフォーム