あなたは工務店とハウスメーカーの違いを知っていますか?

写真写真

写真


あなたは工務店とハウスメーカーの違いを知っていますか?

今日は、建築会社の種類についてお伝えしようと思います。
建築会社は、大きく分けて2つに分かれます。
1つ目は、地域密着で経営している工務店
2つめは、全国展開で経営している“ハウスメーカー”です。


この2つは何が一番違うのか?ということなんですが、
やはり一番違うのは『価格』です。


“家を建てようと思って一番最初に見学した所はどこでしょうか?”
という質問の答えの83%が“ハウスメーカーの住宅展示場”ということでした。
この結果からするとやはりハウスメーカーの
住宅展示場に行くのが定番になっています。


なぜなら、こんな高額な買い物をするのに、
やはり知名度の高い会社に行くもんだからです。

ハウスメーカーの価格が高い理由は、
ここにあるわけですが、みんなに知ってもらうために、
そして“よし家を建てよう!!”と思った時には、まず最初に来てもらうために、
広告宣伝費を多額に使っているからなんですよね。


例えば、TVCMですね。
芸能人に多額の出演料を支払って放送するため、
これだけでも年間数億円という広告宣伝費が必要になります。
また、新聞広告の大きさと回数も非常に多いですよね。


また、営業経費もかなりかかっています。
まずは、住宅展展示場に立っているモデルハウスですね。
これは販売するわけでもありませんし、
5年に一度ぐらいは建て替えをしています。
そして維持していくための家賃(土地は借りてますからね)に、
常にいるスタッフの給料もかかっていますよね。


さらには、本社にいる人事部、経理部、総務部、といった
営業や工務、メンテナンスといった直接工事に関わる人とは
別の経費もたくさんかかるわけです。


これは、ハウスメーカーのやり方を否定しているわけでもなんでもなく、
知っている安心感、また企業がつぶれないであろう安心感を
感じていただくためには、これが一番最良のやり方でしょうからね。


一方、工務店は?というと、
そのほとんどが真逆です。
TVCM絶対にしませんし、新聞広告なかなか出せないのが現実です。
見せる為のモデルハウスもなければ、社長が営業と現場の
両方をこなしている会社がほとんどです。


どちらがいい家を建てるのか?
ってことになると思うのですが、
これもどっちがイイかなんてのははっきり言えません・・・
ただ1つ言えるのは、
同じ大きさで同じグレードの材料を使って、
同じぐらいの性能の家を建てるとなると、
全く価格が違うということだけです。


簡単に説明すると、
2000万円で家を建るとなると、
あるハウスメーカーにこの予算と条件を伝えたところ
建てられる家は『30坪』と言われたのが、
ある工務店に同じ条件で伝えたところ、
建てられる家が『36坪』だったみたいなもんです。
あるいは、同じ『30坪』だっとしても
太陽光発電が6~7kw付いてくるといったところでしょうか?


また、決まりごとだらけの淡白な家づくりとなるのが、
ハウスメーカーの家づくりです。
これは大卒の家を知らない素人の人たちが営業しているから
こうぜざるを得ないわけです・・・
家づくりを真剣に考えてくれるのが、
工務店だと思います。

これも会社によっては多少違いますけどね・・・


後は、これをどう捉えるか?ということだと思います。
ステータス、ネームバリューをお求めになるならば、
間違いなくハウスメーカーを選んだ方がイイでしょうし、
お得感であったり、自分で一生懸命考えたり、
愛着感が感じられる家にしたいな~ってお考えであれば、
工務店を選んだ方がイイでしょうね。
あなたはどちらを選びますか?


家づくりに役立つ無料小冊子のプレゼントはこちら


埼玉県 所沢市 狭山市 入間市 川越市 飯能市 日高市
東京都 立川市 東村山市 東大和市 武蔵村市 
家づくり・一戸建・新築・注文住宅
建て替え・土地探し・リフォーム・リノベーション
なら株式会社市理お任せ下さい!

0120-214-406 お問合せフォーム